コロナ禍の『禍』とはどういう意味?

皆さまへ

最近よく目にするコロナ禍【コロナか】の『禍』について調べました。

 

[音](クヮ)(漢) [訓]わざわい まが

思いがけない災難。

「禍根・禍福/奇禍・災禍・惨禍・水禍・舌禍・戦禍・筆禍・輪禍」

[難読]禍事(まがごと)・禍禍(まがまが)しい

 

コトバンク【https://kotobank.jp/word/禍-456274】より引用しております。

コロナ2波に備えて

⁑コロナ2波に備えて⁑

感染予防として

検温、手指消毒、換気、空気清浄機フル稼動中。

 

お手洗いお手洗い2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心と身体のバランスを壊す前に

東洋医学を検討していただけたら

幸いです。

 

*〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜⚪︎°

                   平野 清子

      はり灸マッサージ   さんて

      iPhone  080-3633-7638

       ☎︎ / fax   059-336-5629

°⚪︎〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜*

緊急事態宣言発令に対する当院の対応について

【緊急事態宣言発令に対する当院の対応について】

日頃より、はり灸マッサージ さんてをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

三重県を含む日本全国に対して緊急事態宣言が発令され、患者様皆様におかれましては不安な日々をお過ごしのこととお察し致します。

当院での対応につきましてご説明させていただきます。

 

当院は施術者が国家資格を保有し、厚生労働省認可の治療院として、国からの認可を受けて診療を行なっております。

患者様皆様におかれましても

・活動量低下に伴うお身体の痛み増大、筋力の低下

・外出自粛に伴うストレスの増大、気分の落ち込み

など、生活スタイルの変化に伴い、様々なお悩みを感じられているかと存じます。

休業要請対象業種において当院は健康管理の面で生活に必要な業種として、要請対象外となっている点も踏まえ(4月13日~自主休業に入っております)、地域医療の一端を担う施設としての社会的役割と責任を果たすべく、当院としてその責務を果たしていきたいと考えており、再開にあたり徹底した感染拡大防止策を再確認しております。

新型コロナウィルスの感染拡大防止に対して十分な安全対策を実施します。

【院内での感染拡大防止の対策】

1.健康管理(出勤前の検温を実施)

2.手指消毒、マスク着用の徹底

3.院内、設備の消毒および院内の常時換気

4.完全予約制にて人数制限

5.院内中、空気清浄機

6.お一人様、お一人様の患者着、タオル、手ぬぐいの交換

 

新型コロナウィルス対策

 【患者様へのお願い】

1.来院前・来院時の体温測定

(37.4℃以上の発熱、風邪症状がある場合はご予約の延期をお願い致します)

味覚・嗅覚の確認、ご来帰時の手指の消毒のご協力。

2.感染者との濃厚接触の可能性がある場合や2週間以内に休業要請の

出された場所や県外に行かれた場合はご予約の延期をお願い致します。

 

 感染予防に向けて自らの免疫を高めることの重要性が訴えられ、栄養学的、東洋医学、薬膳料理などのアプローチの期待。これまでの知識などもお伝えさせていただくことで、少しでも地域の皆様の健康に貢献できるよう努めて参ります。

ご不便とご迷惑をおかけ致しますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

はり灸マッサージ さんて

 

恐るべし 肩こり

さんて平野様腰を施術しながら肩に手を置くと

肩甲骨の音がなっています。

腰痛からきた肩こりです。

貴女の肩こりは、頭痛からですか?

それとも、腰痛からですか?

是非、私に貴女の肩を

施術させてもらえませんか?